Amazonギフト券は日常のお礼としてだけでなく自分の買い物にも使える


ちょっとした相手へのお礼にAmazonギフト券を利用する人が増えています。
Amazonギフト券は大手ショッピングサイトのAmazonで使用できるもので、自分のAmazonアカウントで購入したAmazonギフト券を、送りたい相手のメールアドレスを知っているだけでメールでプレゼントできるというものです。
そのため相手の住所や名前などを知らなくても、メールアドレスだけで送ることができるので使い勝手があります。
また送られた相手もAmazonは日用雑貨から色々なものまで売られてるので、使い道に困るということもなさそうです。
また、最近ではAmazonギフト券を自分宛に送る人もいます。
なぜかというとAmazonで日用雑貨などをいちいちクレジットカード払いにしておくと、明細が長くなってしまい管理が大変になります。
しかし、Amazonギフト券から購入すればクレジットカードの明細にはAmazonギフト券分しかのらないので管理がしやすくなります。
今月はいくらまでとか、今月はあといくら使えるなということが、Amazonギフト券から引かれていれば、お金のやりくりが目に見えて分かりやすくなります。
また、AmazonもAmazonギフト券をそういう使い方をする人が増えたため、Amazonギフト券がメールで届いたあとの使用するまでの入力などを省いた、自分の買い物専用のAmazonギフト券を用意するなど、Amazonギフト券のニーズが高くなっています。
ただ自分専用Amazonギフト券の有効期限は一年間なので使い終わるような少額からチャージするといいでしょう。
またAmazonギフト券は、数円でも端数が残っている場合次の買い物に使えるので、端数が残っていても使えない一般的な商品券とは異なり経済的です。
送られた相手もAmazonギフト券ならば現金と同じような感覚で使うことができますので、送られたら喜ばれるのではないでしょうか。
お歳暮、お中元だけでなく、日常的なお礼としてAmazonギフト券は気兼ねなく利用するとができます。