Amazonギフト券の意外な活用法


日本でもインターネット通販が普及して久しく、その最大手と言っても良いのが、アメリカ発祥のアマゾン(Amazon.co.jp)ですね。
そんなアマゾンで販売されているのが、アマゾンギフト券です。これは文字通り、電子メールやカードタイプのギフト券を、プレゼントとして他人に贈ることができるというシステムです。
そんなアマゾンギフト券ですが、ギフト以外にもいろいろな活用法があるんです。

たとえば、クレジットカードのかわりに利用するという方法です。いろいろな理由でクレジットカードを持てなかったり、セキュリティ上心配だから使いたくないということもありますよね。アマゾンでは、コンビニエンスストアで料金を支払ったり、商品の宅配と同時に代金引換で支払うこともできますが、手間がかかりますし、特に代引きの場合は手数料がかかってしまいますね。
そこで、アマゾンギフト券を購入し、ご自分のアカウントに登録することで、前払い式のクレジットカードのように利用することができます。
まず、コンビニでカードタイプまたはシートタイプのアマゾンギフト券を購入します。3,000円、5,000円などの額面がありますから、必要な金額分を選びましょう。
次に、自分のアマゾンアカウントにログインし、画面上部の「アカウントサービス」から「Amazonギフト券・Amazonショッピングカード アカウントに登録する」というメニューを選び、カード情報を登録します。
これだけで、次回のお買い物からアマゾンギフト券をクレジットカードと同じように使うことができます。もちろん、お買い物金額がギフト券残高を超えたら別の支払方法が必要になりますので、注意してください。

また、ちょっと裏技的な使い方として、お子様や旦那様など、ご家族名義のアカウントにアマゾンギフト券を送信して、その範囲内で買い物してもらうという事が挙げられます。
どういうことかというと、たとえばご家族の一ヶ月のお小遣いを10,000円に決めた場合、毎月一回、その金額だけをご家族のアマゾンアカウントに入金し、その範囲内で買い物をしてもらうという仕組みです。
もちろん、ご家族だけではなく、ご自分のお金の管理に利用することもできます。お金の使いすぎに悩んでいる方にはおすすめですよ。