どうしてもクレジット現金化を希望なら・・・au WALLETがおすすめ!


現金が必要だがローン契約が現在できない、という方にとっての裏ワザ的利用方法があります。銀行系カードローンなどのいわゆるフリーローンの契約やクレジットのキャッシング契約が審査上の都合や時間の都合で利用できない方もいらっしゃるかと思いますが、現金が必要な場面はそうした事情に構わずやってくるものです。

ですがクレジットの現金化はクレジット自体の規約違反なので、その利用状況が契約もとに判明してしまうと利用停止になってしまうなどのデメリットが生じます。

ですが、その中でもそうならずに、なんでしたら乙訓なる方法があるのです。それが、au WALLETカードを利用する方法です。

このau WALLETカードですが、詳しく説明するとオレンジ色のタイプのプリペイド式カードとシルバーやゴールドなどが存在するクレジットカードが存在します。もしクレジットタイプの
カードを直接現金化に使ってしまいますと、それは先の規約違反にも抵触します。

ですが、プリペイド式のカードの場合は別です。厳密には規約違反であることは変わりないのですが、プリペイド式カードにはローン契約自体は含まれないため、利用方法に対して利用停止の処分になるリスクなどがほとんどありません。実際、残高の利用となるためクレジットカードのように現金化目的であってもその場でカード内の残高が引き落とされるため審査を行った加入などの概念がないことがその理由です。

ではこれがなぜ裏ワザかというと、先のクレジットタイプのカードからプリペイド式カードへの直接チャージが可能なのです。さらにチャージで利用した分もクレジットカードの利用分としてポイントが発生しますし、その後チャージしたプリペイド式カードで例えば現金化専用業者を利用したり、新幹線やライブのチケット転売でクレジット購入をしたとしてもその分もポイントが発生するのです!

ポイント発生景気が2回存在するためリスクを冒してポイント還元率が低いより、利用リスクを最小限に押さえておきながらポイント発生のタイミングがダブルでやってくるのはお得ですよね。

もちろんこの利用をするためにはau回線の契約がなければならないため、誰でもできるというわけではありません。ただ、携帯電話の契約は現在誰もが行うような生活上の必須アイテムだということを考えると、契約するデメリットも少ないですし、現金化を利用する機会が多い方であれば現金化する際に必ずどこかでマイナスされてしまう手数料分の数割をポイントでカバーできると考えると、還元率の良い現金化方法を選ぶことでそのバック率を100%に近づけることもできるというわけです。