アマゾンギフト券の金額の種類とTポイントをアマゾンギフト券に変える意外な使い方


アマゾンギフト券はコンビニでも購入でき、シートのギフト券は1番下の金額は2000円で1番上の金額が25000円になっています。カードタイプは3000円から20000円まで用意されています。シートタイプはコンビニにある端末で操作してレシートとのような物が出てくるので、それを持ってレジで代金を支払います。カードタイプはカードを持ってレジで代金を支払います。しかし実はギフト券はオークションでも売られており、1番安いのだと500円や300円などがあります。私はこのオークションで売られているアマゾンギフト券を上手く活用しています。私はTポイントはあるのですが、Tポイントカードを持っていません。昔はポイントカードでしたが、成人するとクレジット機能を付ける必要があるので作れません。アマゾンで欲しい物を見つけますが、Tポイントが使えれば9割は支払う事ができますが、アマゾンにはアマゾンポイントがあるのでTポイントは使えません。そこでどうするかというと、オークションでアマゾンギフト券を落札して代金のすべてをTポイントで支払います。数百円からあるので、計算が面倒ですが、アマゾンで使用する事ができます。ちなみにですがTポイントと現金を使って代金を支払うと162円の手数料を取られてしまいます。しかしアマゾンギフト券はかなり細かくあるという事が分かります。オークションにギフト券を出品する理由は私の考えと同じで、アマゾンギフト券はアマゾンしか使えないので現金にしたいという考えだからだと思います。なのでコンビニだけではなく、オークションなども見てみるのもありかもしれません。コンビニで購入する時は値段がちょっという人は使ってみても良いと思います。注意としては必ず丁度で売っている訳ではありません。例えば500円のギフト券だった場合は525円となったりする場合もあります。もしアマゾンギフト券は欲しい場合は1つの方法として知っておいても損は無いと思います。